トシ・ランドスケープは、植栽管理・メンテナンス業務に科学的な知見(樹木医+アーボリカルチャー/arboriculture)と現場の豊富な経験の融合した独自のノウハウを持っています。
自社スタッフで植栽の日常管理(剪定・除草・薬剤散布等)から樹木医診断・土壌調査・高木管理・特殊伐採まで植栽に関するあらゆる事に一貫して責任をもって対応致します。

トシ・ランドスケープの管理の特色

植栽の問題点を的確に捉える

  • 植栽の衰退、美観の低下の3 大原因が、
    ① 建築段階(不良土壌への植栽・過密植栽・不適切な樹種選定)
    ② 維持管理メンテナンス(業者の技術力/提案力・管理コストの過剰な削減)
    ③相互コミュニケーション(業者と管理組合様/管理会社様の情報共有・長期的な植栽管理への意識や取り組み)
    です。
    豊富な管理経験と科学的な知見による豊富なデータから、問題点を的確に判断し解決策を提案します。
  • 現場での植栽管理に特化したノウハウを持つ樹木医が直接作業・点検に携わるので、植栽の異常を迅速に発見し提案・対応致します。
  • 植物にとってなによりも土壌環境が重要です。通常の管理作業ではわからない土壌の問題も樹木医や植栽基盤診断士の専門家が専門機器を使用し明確な数値で問題点を把握し、解決策を提案します。

中長期植栽管理計画のプランニング

  • 中長期的な植栽管理計画をプランニングし、数年~数十年後の植栽の管理目標・目標樹形を設定し、そのイメージをベースに管理を致します。
  • 限られた予算で最大限の管理を行なう為に、管理品質をエリアごとに設定する等メリハリのある提案を致します。
    例として、正面エントランスや人の往来の多いエリア、そしてシンボルツリーの管理品質・頻度を高めにし、避難通路等の利用頻度の低いエリアの植栽の管理品質・頻度を低くする事によって、建物を効果的に演出できます。
  • 建築の植栽段階前での植栽地の植栽基盤の適正調査や、大規模修繕時に植栽改修リニューアルをどのようにしたら良いかの専門的なコンサルティングを致します。

当社ではマンションやオフィスビルの管理を経営/Management だと考えています。

植栽管理・メンテナンスは、管理会社任せで毎年形式的になってしまいがちです。
枝葉の伸びた分だけ剪定し、薬剤散布や施肥も目的もハッキリしないのに定期管理なのでしているだけといった、計画性のないネガティブなイメージを持たれがちです。
また植栽管理の予算のほとんどはその管理を行なうスタッフの人件費(手間)です。植栽の管理費を削ることは、管理内容の手間を減らすことになり管理品質の低下に直結しますので十分な検討が必要です。

しかし長期的な植栽管理計画をプランニングし、かつ専門的な知識や技術を持った業者に依頼し管理を行なう事によって、管理内容は明確化しメリハリもでき、将来の資産価値向上への投資となります。

トシ・ランドスケープではそれらの管理を、グリーン・マネージメント/GreenManagement(長期的な植栽の育成管理計画・植栽資産への付加価値管理経営)と呼び、新たな管理手法として提案し、お客様と一緒に植栽の魅力を引き出していきます。

当社の業務の特色については
FEATURE「植栽管理・メンテナンス」「樹木医診断・土壌調査」「高木管理・特殊伐採」
の各ページをご覧ください。

 

ご依頼の流れ

ご依頼の流れご依頼の流れ

お電話・メール・お問い合わせページからお気軽にお問い合わせください。

実際に現場を拝見し、お客様のご要望やイメージをヒアリング致します。
植栽の状況や周辺の道路環境・住環境等も確認します。お客様のご要望やイメージと植栽状況を考慮しながら、プロ目線での適切な管理計画のアドバイスも難しい言葉を使わずにわかりやすくご説明致します。打ち合わせ終了時に打ち合わせ内容を記載した「打ち合わせシート」をお渡し致します。

現地調査・打ち合わせ内容に基づき、施工内容毎にわかりやすく内訳された見積書をお渡しいたします。施工当日に打ち合わせ内容から変更がない限りは、見積書の金額から一切追加料金が発生することはありませんのでご安心ください。

ご契約ありがとうございます。
ご都合の良い施工日をご相談の上お伺いいたします。
施工中も気になる点やご要望がございましたらお気軽にお声がけください。

完成後、お客様に施工報告書と請求書をお送り致します。
施工報告書には施工のビフォアフターの写真、今後の管理のポイント、ご提案、ご報告等を記載しております。