剪定による枝の切り口を早く回復させるベストな剪定位置は、枝と幹の堺(ブランチカラー)で行う事が必要となります。
一見して幹ギリギリで剪定したほうがスッキリ綺麗に見えると思われがちですが、実は幹の組織まで傷つけてしまっているのです。それをフラッシュカットと呼びます。
幹の組織まで傷つき、かつ切り口も大きくなってなかなか傷口(剪定箇所)を塞ぐことができず、病原菌も侵入しやすくなってしまいます。

少しの剪定の気遣いで樹木を健全に生育させることが可能になります。

 

IMG-5872

IMG-5873

FLOW

お問い合わせの流れ お問い合わせの流れ

※上記期間はあくまで目安となります。時期によっては変更になる場合がございます。

詳しくはこちら 
個人のお客様 ご依頼の流れ  
法人のお客様 ご依頼の流れ