丘の上のタブノキ その2

先日樹木医診断をさせて頂いたタブノキ
診断結果を元に植栽管理メンテナンス作業を行いました。

高所作業車なども設置できない立地環境の為、
ロープワークツリークライミング技術で、
根元から枝先まで巻きついていたツタを
綺麗に除去しました。

診断でツタによる影響を推察していましたが、
予想通りツタが巻きついている箇所が
強く締め付けられており、
枝や幹に痕が残るほどでした。

今回はまず樹勢回復が優先事項でしたので、
キヅタの除去以外には、
・近隣への越境枝の剪定
・方向の悪い忌枝、枯枝の剪定
に留めました。

手入れ作業を並行して、
敷地内からドローン(DJI製:mavic air2)での撮影も行い、
樹冠の状態など登りこんでのみでは
確認できない細部まで確認ができました。
通常では撮影できないアングルの写真となり
これからの樹木調査を含め可能性を感じるものでした。

樹木医診断から維持管理まで合わせてご依頼頂きありがとうございました。
また来春にタブノキの経過観察を行いながら今後の管理のご提案をさせて頂きます。

株式会社トシ・ランドスケープ

FLOW

お問い合わせの流れ お問い合わせの流れ

※上記期間はあくまで目安となります。時期によっては変更になる場合がございます。

詳しくはこちら 
個人のお客様 ご依頼の流れ  
法人のお客様 ご依頼の流れ